キライな人の創り方、無くし方

キライな人と会うと、イライラしたり、萎縮したり、気持ちが悪くなったり。

キライな人のことを思い出しては、また、嫌な気分になったり。

正直、私の前からいなくなって欲しいなんて思うこともあるでしょう。

 

でも、どうして、あなたはその人をキライになったんでしょうか?

よくよく考えると、その人のことを好きになる人もいるし、大切に思ってくれる人もいるわけですから、その人が悪いわけではなくて、あなたの中にその人をキライになる要因があるわけです。

 

つまり、自分が原因で人をキライになって悩んでいるんですね。

 

あなたの大切にしているものを傷つけられたり、何もしていないのに突然相手から嫌な行為をされたりして、嫌な気持ちが芽生えたと思います。

ひょっとしたら、相手は悪気が無く私を傷つけただけかもしれません。あなたが相手の気のさわるようなことを無意識でしていたから、私に対して嫌な行為をしてしまったのかもしれません。

どんなキッカケであれ、その瞬間から、キライが始まり・・・

その場を離れても、頭から離れず・・・何度も何度も思い出しては、キライを強くして、

友達や家族に、話すことで、よりキライを明確にして、

次、その人に会うころには、無意識のうちに、キライオーラがバンバン出てしまって、それを感じて、相手も私をキライになり、嫌な態度をとらえて、

と、いうのを繰り返して、キライが深くなっていきます。

 

その人に、会っていない時間に、どんどんキライになっていくんです。

キライ!と思って会うから、キライになるような出来事が起きて、やっぱりキライ!を確定していくんですね。

 

キライな人は、こうして自分が創り出していきます。

ひょっとしたら、ちょっとした誤解がスタートなのかもしれませんね。

 

キライな人がいるから不幸せだと思い続けているうちは、気持ちは楽にならないし、その人と会わなくなったとしても、また次のキライな人を創り出してしまいます。

自分の幸・不幸の要因を相手に求めたり、人のせいにしていると、自分の幸せは人次第、人任せなので、不安はなくならないし、悩みもなくなりません。

 

大切なのは、なぜ、私はその人のことをキライになったのか?自分の中の要因を知ることだと思います。

原因が分かれば、どう対処したらいいのかも見えてきますね。
freeimage_130906

私の場合、人を上から目線で見て、偉そうにする人がキライです。

だから、私は、自分は、謙虚で低姿勢でいようと心がけています。

でも、上から目線な人が目の前に現れると、外見は謙虚でも、内心はその人のことを批判しています。

「なんで、そんなに偉そうにしてるの?」

「そんなんじゃ、人はついてこないよ。」

「この人、友達、あんまりいないんだろうな。」

私の心は真っ黒けです。そして、私はその人を心の中で「上から目線」で見ているわけです。

 

人は鏡。

 

自分がキライな人は、自分の黒い部分が現れています。

表面的な行動は真逆かもしれませんが、心の中に持っている黒いものは、似ています。

自分が持っている黒いものに気付くために、キライな人が現れてくれているんです。だから、本当は、キライな人は、有り難い存在なんです。

 

だから、相手を変えようとせず、自分の黒い部分を改めましょう。

相手を変えることはできません。自分を変えることはできます。

自分の中の要因がなくなれば、その人のことをキライに思う感情がなくなります。

キライな人が少なくなれば、自分の人生を脅かす存在が少なくなり、心穏やかに日々を過ごすことができますね。

 


コメント