離婚する?しない?子供の幸せを本当に考えるなら

離婚を迷ってる主婦の話を聴きました。

 

もう、何年もご主人を受け入れられなくて、仮面夫婦のようです。

家事はするけど、ご主人への気持ちはなく、同じ空間の空気を吸うのもしんどい。

 

でも、子供がまだ小さくて、離婚したら、自分の稼ぎでは生活していけるか不安だし、何より両親が別れたら子供たちが可哀想。

xf0745006754l

 

子供のために離婚せず、我慢して生きているわけです。

毎日辛くて、でも一生懸命、笑顔をつくっているんです。

 

でも、本日に子供のためになるでしょうか?

 

子供に幸せになってもらいたい、そのために自己犠牲をしているわけです。

自分が幸せになれていないのに、子供を幸せにできるでしょうか?

子供に、こうしたら幸せになれるよ、と自信をもって、伝えられるでしょうか?

 

子供の幸せを、本当に願うのなら、まず自分が幸せであること。心にゆとりがあって、子供と向き合うとができ、子供の応援ができることが大切だと思います。

 

日々、悩んでストレスを抱えた状態で、子供の声をちゃんと聴くことができているでしょうか?

子供のために、キラッキラのエネルギーを与えることができているでしょうか?

 

まずは、シャンパンタワーの一番上のグラス、つまり自分の心のグラスを幸せの水で満たして下さい。溢れた分量で、二段目のグラス(子供)を満たすこと、幸せにすることができるのです。

 

飛行機で、緊急時、酸素マスクをつけるのは、親からです。まず自分が付けることで、自分の命を確保します。子供を先につけようとしても、その間に自分が参ってしまっては、二人共助かりません。

 

一番悲しいのは、子供がいるから離婚できないと、子供のせいにしてしまうことです。

離婚した親を持つ子供すべてが、不幸なわけではありません。

親が離婚したから、お母さんを助けようという気持ちになる、男の子ならお母さんを守ろうと思うかもしれません。自分の子供のことを、信じてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

ご主人との関係を修復するための努力をするか、離婚するか、どちらかしかないですから、迷って留まっているのではなく、勇気をもって、一歩踏み出して欲しいと思います。