幸せかどうかは自分が決めている

起きている出来事は、無色透明。

人間の頭が、良いとか悪いといった、赤や青の色付けをしています。

「いただきます」とは、「あなたの命を頂いて私の命に代えさせて頂きます」という感謝の意。

「ごちそうさま」とは、この料理が食卓に並ぶまでに、関わってくださった方々への感謝の意。

ご馳走様の「馳」は走る。走るという字を二つ重ねて、御や様を付け敬意を表しています。料理の食材を買いに走って下さる人、食材をお店に並べるため走って下さる人、食材を育てるために走って下さる人への感謝ですね。

日常の一つ一つの小さなことに感謝して幸せな気持ちになることができるはずです。幸せを感じていないのは、明らかに自分ですね。

今、一瞬一瞬、自分の目の前に起きていること全てに「感謝」する、小さな幸せを感じて積み重ねていくことが、大きな幸せにつながります(*^^*)

freeimage_130911