既に自信の種は自分の中にある

自信満々の人で、自分のことを自慢気に話したり、偉そうにしている人は、実は、自信がない人だったりします。「私は、すごいんだぞ!」と周りに伝えて認めてもらいたい、認めてもらって自信を保ち続けているんです。

本当に自信がある人は、人に認めてもらおうと躍起になってはいません。

他人と比較して自信を持とうとする人は、自分が優れている面でも、もっと才能がある人と比較して自分はダメだと評価してしまうことがあります。客観的に見たら、素晴らしい才能があるのに、とてももったいないですね。

上を見て「更に向上しよう!」というエネルギーに変えるのは良いですが、上を見て凹んでしまっては、才能にフタをして伸ばせなくしてしまいます。

他の人から見たら、十分才能があるし、人のお役に立てることが、必ず誰にでも、そう、あなたにもあります!

頑張らなくていいんです。どんな小さなことからでも、自分の才能を楽しんでみませんか?大したことじゃなくても人の役に立って、自分の才能を認めましょう。あなたの持っている才能は、あなた自身のものだから必ず揺るがない自信となり、その先に必ずあなたの幸せがあります!

26d9d826f773fc4b753d07debc52091d_l


コメント