因・縁・果の法則の因は私である

花は、種という因から咲く。種だけでは花という結果にはならない。土、水、太陽、肥料などの縁があって、花が咲く。

私の人生の因は、私である。
自分に起きる出来事の因は、自分の心にある。心が口を動かし、身体を動かし、結果が起きる。

例えば、いじめられる人、悪口を言われる人は、いじめられる因がある。悪口を言われる因がある。

いじめる人、悪口を言う人は縁である。いじめたくなるような、悪口を言いたくなるような因が自分にある。縁を引き寄せるのである。

いじめられて、悪口を言われて辛いという結果を、いじめる人、悪口を言う人を因として対処すると、更に困ったことが起きる。

あくまで、自分に因があるという本当のことを知り、自分の心にある因を見つめて変えていかなければならない。

AMI88_ohanatukeru2013


コメント